アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
禁煙は効果

心筋梗塞は冠動脈の血流がほとんど止まったような状態になり、酸欠で心筋の一部が壊死してしまう病気のことをいいます。
前兆として左肩や背中にかけての痛み、胸やみぞおちを突然圧迫するような痛み、冷や汗や吐き気、不整脈、呼吸困難や息切れなどがあります。
心筋梗塞になりやすい病気には高血圧や糖尿病、肥満、喫煙、運動不足などです。心筋梗塞の症状には呼吸困難、強い胸の痛み、吐き気や冷や汗などがあります。
もし心筋梗塞が起きてしまった場合の対策としては軽度であれば1週間から10日程度入院して安静にし、血流を良くしたり心臓に負担がかからないように血圧を下げる治療が行われます。

寒くなってくるとこの病気になる人が増えてきます。対策としてまず食事から変えていくのがすぐに始められてオススメです。食事は魚中心の和食にするのが良いです。
魚を多く食べている人は心筋梗塞の予防になっていることは研究の結果として出ているのです。
また秋から冬にかけては寒くなってくることで血圧が上がりやすくなります。ですから寒さ対策はしっかりとしておく必要があります。
狭心症の方は心筋梗塞へと移行してしまう可能性もありますので対策をして移行しないようにすることも大事です。心筋梗塞の予防では禁煙をし、塩分の摂り過ぎには注意をするようにしましょう。

ストレスはためないようにし、短気な性格も直すようにするほうが良いです。ウォーキングなどの有酸素運動をすることも予防策として有効です。
脂質やコレステロールの摂り過ぎも注意する必要があります。
食事面では野菜も多めに食べるようにして栄養バランスが取れるようなメニュー作りをするように心がけるといいです。心筋梗塞を起こす人のほとんどは前兆がなく、突然起きてしまっています。
普段から予防しておくことはとても大切なことなのです。
もし家族に心筋梗塞を起こした人がいる場合はさらに用心して気をつけるようにしておくといいです。

    サラダは効果

    発症リスクを予測へ

    血管の老化は体全体の老化につながります。いつまでも若々しく元気でいるためには血管を若く保つことが重要です。老化...

    Readmore
    野菜は効果

    心筋梗塞の症状

    心筋梗塞の予防と対策で一番重要なことは中性脂肪を増やし過ぎて悪玉コレステロールを増加させないことです。コレステ...

    Readmore
    禁煙は効果

    予防と対策の紹介

    心筋梗塞は冠動脈の血流がほとんど止まったような状態になり、酸欠で心筋の一部が壊死してしまう病気のことをいいます...

    Readmore